D-pa
社団法人 地上デジタル放送推進協会
サイトマップ English
地上デジタルテレビ放送とは 放送エリアのめやす 視聴方法 地上デジタル放送受信機紹介 スケジュール 地上デジタル放送開始局紹介 コピー制御について よくあるご質問
プレスリリース リンク テストストリーム D-paの紹介 D-pa会員専用ページ HOME
D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。 D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。
2005技研公開(事後報告)
地上デジタル放送のさらなる高度化へ
〜平成17年度NHK放送技術研究所公開より〜


 5月26日(木)から29日(日)の4日間「人の可能性に学び、さらなる放送技術の飛躍へ」をテーマに、NHK放送技術研究所公開(以下、技研公開)が開催されました。

 今年の技研公開は、大きく4つのテーマ(技研75周年、NHK技研ビジョン"NEXT"、デジタル放送の高度化、技術展示)について、全47項目の展示がありました。デジタル放送関連では、2006年春に開始が見込まれる携帯端末向けサービスや近い将来の実現が期待されるサーバー型放送を始め、今後のデジタル放送の高度化に向けた多くの展示がありました。
《携帯端末向けサービス》
 地上デジタルテレビ放送の1セグメントを利用した携帯端末向けサービスは、移動しながらでも映像・音声がクリアに受信できるという、日本の地上デジタル放送の大きな特徴の一つです。携帯電話やポータブルテレビ、車載受信機などで地上デジタル放送が受信できるようになれば"いつでも、どこでも"テレビが視聴できる新時代になります。

 今回の技研公開には、実際の携帯電話機により「愛・地球博(愛知万博)」の会場でも展示されている携帯端末向けデータ放送が実演されており、多くの来場者が実際に携帯電話機を操作しながら、その便利さと映像の美しさに驚きの声を上げていました(写真)。

携帯端末向けデータ放送画面 携帯電話端末
全画面表示(左)とデータ放送表示
 携帯端末向けサービスをさらに充実させる技術として、緊急災害時等などの際に、携帯端末を自動的に起動して緊急情報を受信できるようにすることが検討されています。通信とは異なり、放送では輻輳することなく多くの携帯端末に一斉に情報を送ることができることから、放送局からの災害情報、避難情報などを速やかに受信し、また安否情報を確認するなど、携帯端末は災害時にはなくてはならない必須アイテムになるものと考えられます。

 また、地上デジタル放送の携帯端末向けサービスは、AVC/H.264を用いた低いビットレート(128〜192kbps程度)が予想されていますが、その際に映像が劣化する原因を取り除き、高品質に放送するためのリアルタイムエンコーダや新しく制作した携帯端末向けデータ放送コンテンツを検証できるBMLブラウザーなど、2006年春に開始が見込まれる携帯端末向けサービスを支える様々な研究開発が行われています。
《サーバー型放送》
 サーバー型放送は、受信機に搭載された大容量の蓄積機能と通信機能を利用した新しいサービスです。受信機の蓄積機能を活用すれば、放送や通信で提供される多種多様なコンテンツを蓄積し、いつでも好きな時に好きなシーンを視聴することができるようになるなど、視聴者ひとりひとりのニーズに応じた、きめ細やかなサービスが実現します。
今回の技研公開には、運用規程の基本案に沿ったサーバー型放送サービスの例が、開発中の受信機を用いて展示されました。(写真)

サーバー型放送受信機 サーバー型放送サービスの例
 サーバー型放送サービスの例としては、メタデータを利用した"ダイジェスト視聴"や"インタラクティブ視聴" など、視聴者の好みに合った多彩なサービス、学校や家庭で利用できる"デジタル教材"や"生涯学習"など、様々な展示がありました。

 また、応用例として、ドメイン管理技術を利用し、学校内に限ってコンテンツを自由に流通させる技術や放送サービスで1回のユーザー認証を行うだけで、複数の通信サービスを利用することができる放送通信連携のシングルサインオン認証方式、放送コンテンツがインターネットなどに不正流通した場合、そのコンテンツの著作権を主張可能とするための電子透かしなどの展示がありました。
《デジタル放送に関わる要素技術》
 地上デジタル放送に関連する要素技術として、以下の展示もありました。
時速100kmを超える高速でのハイビジョン移動体受信を可能にする技術
地上デジタル放送の受信障害の原因を推定するためのキャリアごとの誤り率測定器
SFN(単一周波数ネットワーク)での放送波中継局で発生する妨害を除去するための干渉除去装置および回り込みキャンセラー
SFNでガードインターバルを超えたマルチパスによる受信障害を除去する装置
既存の光通信網を活用して波長多重技術により放送波を再送信する技術システムと、その末端で、ミリ波に変換して家庭に分配するための変換器と受信機
ハイビジョン移動受信技術 キャリアごとの誤り率測定器と
測定例
単一周波数の干渉除去装置
《それ以外のトピック》
 技研創立75周年として、番組制作、伝送、記録、受信など、放送を実現し支えるための研究開発の足跡として、放送機器の実物が多数展示されました。
 また、将来の放送に向けた研究開発として、ハイビジョンの16倍の画素数を持つ超高精細映像と3次元の表現能力を持つマルチチャンネル音響による"高臨場感システム(スーパーハイビジョン)"、視聴者の声による質問に答えてくれる"テレビ視聴エージェント"、"冷陰極HARP撮像板"や"有機撮像デバイス"などの次世代撮像デバイス、有線・無線ネットワークを利用した次世代放送局システム、"有機EL"や"フィルム液晶"を利用したフレキシブルディスプレィなどの展示がありました。

 今回の技研公開から、地上デジタル放送は、携帯端末向けサービスやサーバー型放送等の 実現で益々充実し、さらに近い将来、テレビがブロードバンドネットワークなどとも連携し て、各家庭における「総合情報端末」に進化していくことが身近に実感できました。

 詳しくは、NHK技研のホームページ(http://www.nhk.or.jp/strl/)をご覧下さい。
 
 
画面上へ
THE ASSOCIATION FOR PROMOTION OF DIGITAL BRORDCASTING.ALL RIGHT RESERVED