D-pa
社団法人 地上デジタル放送推進協会
サイトマップ English
地上デジタルテレビ放送とは 放送エリアのめやす 視聴方法 地上デジタル放送受信機紹介 スケジュール 地上デジタル放送開始局紹介 コピー制御について よくあるご質問
プレスリリース リンク テストストリーム D-paの紹介 D-pa会員専用ページ HOME
D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。 D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。
デジタル放送開始に向けD-PAと放送事業者が一致協力
「地上デジタルテレビ放送開始に向けた説明会」を開催

説明会会場
 
中村委員長 北川理事長
 
南課長 前川部会長
 
芳賀事務局長によるD-PAの「全体説明」
 平成16年7月23日、東京青山、神宮外苑の「日本青年館」において、「地上デジタルテレビ放送開始に向けた説明会」が、社団法人 日本民間放送連盟・地上デジタル放送特別委員会と社団法人 地上デジタル放送推進協会(D-PA)の共催で開かれた。
 民間放送123社が参加、総務省の各地域総合通信局と日本放送協会からもオブザーバー参加があった。
 この日は、一年前にD-PAの設立総会が開かれており、また、地上アナログ放送が終了する2011年7月24日は7年後になる。正に記念すべき日であった。

 説明会は、民放連 地上デジタル放送特別委員会委員長 福島テレビ社長 中村啓治氏、D-PA 理事長 北川 信氏の主催者挨拶に続き、総務省情報通信政策局 地上放送課長 南 俊行氏の来賓挨拶で始まり、最後は民放連 地上デジタル放送特別委員会委員・同デジタルテレビ放送専門部会長 東京放送 執行役員 前川英樹氏の挨拶で閉会した。
 地上デジタルテレビ放送は昨年12月1日に三大都市圏で開始され、2006年には全国で地上デジタルテレビ放送が開始される予定である。地上デジタルテレビ放送を円滑に開始するには、デジタル放送特有のES(エンジニアリングサービス)やRMP(コンテンツ権利保護)といったデジタル放送特有の業務の準備や周到な周知広報が不可欠である。
 D-PAからは、基盤事業として行っているES、RMP・普及推進業務を中心に他の業務も合わせ全体の説明がされた。
 一方、デジタルテレビ中継回線網の確保は、民放テレビネットワーク運用の大前提になるものであり、こちらは民放連の「テレビ回線委員会」で、地上デジタルテレビ放送の全国展開に向けた検討が行われている。
 テレビ中継回線網については民放連 テレビ回線部から説明された。
 参加者は、民放連とD-PA合せて8人の講師の説明を熱心に聞き入った。また、説明のなかで、放送開始に向けた支援・協力が表明され、放送事業者とD-PAが強い絆で結ばれてデジタル化に向けてスタートした日であった。
 
画面上へ
THE ASSOCIATION FOR PROMOTION OF DIGITAL BRORDCASTING.ALL RIGHT RESERVED