D-pa
社団法人 地上デジタル放送推進協会
サイトマップ English
地デジとは 放送エリアのめやす 視聴方法 地デジ受信機紹介 スケジュール 地デジ開始局紹介 コピー制御について ESとは? よくあるご質問
ワンセグについて D-paリリース・関連資料 リンク テストストリーム D-paの紹介 D-pa会員専用ページ HOME
D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。 D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。
視聴方法
 
受信機設備
建物にアンテナ有
 
現在、共同のVHFで視聴している
UHFアンテナを新たに設置する必要があります。
  ※具体的な設備の改修方法については、設備を設置した工事施工業者またはメンテナンスしている保守管理業者などにご相談下さい。
 
 
現在、共同のUHFで視聴している
地上デジタル放送と現行のアナログ放送で受信方向が同じ場合、通常はそのままで受信できます。
  ※具体的な設備の改修方法については、設備を設置した工事施工業者またはメンテナンスしている保守管理業者などにご相談下さい。
地上デジタル放送と現行のアナログ放送で受信方向が違う場合、新たにUHFアンテナを設置する必要があります。
  ※具体的な設備の改修方法については、設備を設置した工事施工業者またはメンテナンスしている保守管理業者などにご相談下さい。
 
建物にアンテナなし
 
ケーブルテレビ(CATV)を契約している
新たにアンテナを設置しなくてもケーブルテレビを通して受信できます。ケーブルテレビの方式により必要な機器が異なります。
  ※詳しくは、参照1でご確認ください。
 
参照1
ケーブルテレビの方式には、2方式あります。
■パススルー方式の場合
パススルー方式とは、ケーブルテレビで受信した電波をそのまま伝送する方式です。
この方式では、地上デジタル対応テレビまたは、デジタルチューナーやデジタルチューナー内蔵録画機器で地上デジタル放送がご覧いただけます。
■トランスモジュレーション方式の場合
トランスモジュレーション方式とは、ケーブルテレビで受信した電波をケーブルテレビに適した信号に変えて伝送する方式です。
この方式では、ケーブルテレビ専用のSTB(セットトップボックス)が必要になります。
 
 
他のビルからの共聴施設を利用している

地上デジタル放送は受信障害に強い方式をとっているため、都市受信障害は大幅に改善されることが見込まれています。
まず、ご自宅の建物の受信障害対策共聴設備の保守・管理業者にお問合わせください。
また、直接受信可能か否かにより、視聴方法が異なりますので、参照2でご確認ください。
 
参照2
■直接受信ができる場合
地上デジタル放送は個別アンテナでの受信をおすすめします。
(1) 個別受信する場合は、UHFアンテナを設置する必要があります。
(2) 個別アンテナの受信確認は、お近くの家電販売店などにご相談ください。
■直接受信ができない場合
(1) 現在ご利用の共同受信設備を改修する必要があります。
(2) ケーブルテレビ契約に変更する方法もあります。
(1)あるいは(2)をご検討ください。
 
デジタル対応受信機器
今持っているテレビでみる!
デジタルチューナーやデジタルチューナー内蔵録画機器を買い足せばOK!
 
BSデジタル/110度CSデジタルハイビジョンテレビ
ハイビジョン画質がお楽しみいただけます。
 
 
D3/D4端子付ハイビジョンテレビ
ハイビジョン画質がお楽しみいただけます。
 
 
BSアナログハイビジョンテレビ
ハイビジョン画質がお楽しみいただけます。
※BSアナログハイビジョン放送(NHK)は2007年に終了します。
 
 
アナログテレビ
ハイビジョン画質ではありませんが、地上デジタル放送がご覧いただけます。
地上デジタル放送のハイビジョン高画質やすべてのデジタル機能をお楽しみになりたい場合は、地上デジタル対応テレビが必要になります。
 
デジタルテレビに買い換える!
 
デジタルチューナー搭載の受信機器に買い換える
このマークが地上デジタルチューナー搭載の商品の目印です。
 
 
 総務省地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター 
 平  日 9:00〜21:00/土・日・祝祭日 9:00〜18:00
 
戻る
画面上へ
THE ASSOCIATION FOR PROMOTION OF DIGITAL BRORDCASTING.ALL RIGHT RESERVED