D-pa
社団法人 地上デジタル放送推進協会
サイトマップ English
地デジとは 放送エリアのめやす 視聴方法 地デジ受信機紹介 スケジュール 地デジ開始局紹介 コピー制御について ESとは? よくあるご質問
ワンセグについて D-paリリース・関連資料 リンク テストストリーム D-paの紹介 D-pa会員専用ページ HOME
D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。 D-paは地上波デジタルテレビ放送の推進協会です。
コピー制御について
 

 2003年12月1日、東京・名古屋・大阪の三大都市圏で地上デジタルテレビ放送が始まりました。地上デジタルテレビ放送ではハイビジョンなどの高画質の番組が大きな特徴のひとつです。しかし重要なことは「番組の著作権」。録画した番組を個人で楽しむ限りは問題ありませんが、録画した番組を許可なくダビングして他人に配ることは法律に違反します。また不正にダビングしたテープが出回るようなことになれば、番組の制作者や出演者などの権利が著しく侵害され、良質な番組の提供に支障をきたすことになります。

 そこで地上・BSデジタルテレビ放送局では、2004年4月5日からデジタル放送番組の著作権を保護するために、「1回だけ録画可能」のコピー制御信号を加え、さらにB-CASカードの機能を利用した放送番組の暗号化を開始しました。

地上・BSデジタルテレビや受信機には、
B-CASカードを必ず挿入して下さい!


※B-CASカードは、購入されたデジタル
 テレビ・受信機に必ず付いています。
★☆★ ご注意とお願い ★☆★
4月5日(月)から、コピー制御の運用が始まり、
 B-CASカードを挿入していないデジタル受信機では、
 地上・BSデジタル放送が、正しく視聴できなくなりました。
今すぐB-CASカードを挿入して下さい!


デジタル放送が視聴できない場合の自己診断を用意しました。
 該当する方はここをクリックして下さい。

  自己診断フロー



 また、「1回だけ録画可能」のコピー制御により、デジタル録画機器で1回だけの録画はできますが、さらに他のデジタル録画機器へのダビングはできません。

※詳細は各機器の取扱説明書やカタログ等でご確認下さい。
※アナログ機器での録画やアナログ放送の録画はこれまでどおりです。
コピー制御に関するお問い合わせは・・・
コピー制御お問合せセンター
0570-000-288
FAX0570-000-289
受付時間:10時〜20時
B-CAS カードの再発行は・・・
B−CASカスタマーセンター
0570-000-250
受付時間:10時〜20時
NHK・民放連 共同記者発表資料(2004/03/31)
【地上/BSデジタル放送におけるコピー制御の実施について】
デジタル放送の録画に関する情報は・・・
 
1、 JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)のホームページ
  JEITA デジタル家電部会
2、 JRIA(社団法人日本記録メディア工業会)のホームページ
  DVD録画に関するパンフレット
コピー制御に関するパンフレット・・・
コピー制御について
販売店、ケーブルテレビ事業者の方はこちらをご覧下さい。
販売店の方
ケーブルテレビ事業者の方
 
画面上へ
THE ASSOCIATION FOR PROMOTION OF DIGITAL BRORDCASTING.ALL RIGHT RESERVED