○ ワンセグQ&A ○

1.スケジュール・サービス内容について

Q3.独立U局を含め全ての放送局がサービスを始めるのですか?
○ 「ワンセグ」は、地上デジタル放送の一部ですので、独立U局も含め放送を行います。開始時期は、それぞれの放送局で異なります。また、NHKは、総合テレビ、教育テレビの両方でサービスを行っています。

Q4.なぜ「ワンセグ」というのですか?どういう意味ですか?
○ 日本の地上デジタル放送は、1チャンネル、6MHzの帯域幅を13個のセグメントと呼ばれる箱に分割して放送を行うことが可能です。
○ ハイビジョン放送や複数の番組を同時に送出する編成を行う場合は12個の箱を用いて実施していますが、携帯端末に向けたサービスは、このうち1つの箱(1セグメント)を用いて放送を行うことができます。このことから、今回のサービスを「ワンセグ」と呼んでいます。

Q5.今のテレビとどう違うのですか?どのようなコンテンツが見られるのですか?
○ 「ワンセグ」は、現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の1部分だけを使って、携帯電話型受信機などの移動体端末でも受信しやすいように設計されたサービスです。
○ 番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスがご利用いただけます。また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報もご利用が可能になります。ただし、通信機能を利用される際は料金がかかります。
今でも携帯電話でアナログ放送を受信できるものがありますが、「ワンセグ」は地上デジタル放送のひとつのサービスです。

Q6.何チャンネル視聴できますか?
○ 「ワンセグ」は地上デジタル放送のサービスのひとつです。視聴できるチャンネル数は地域によって異なります。詳しくは、地域の放送局にお問合せください。

Q7.「ワンセグ」を見るにはどうしたらいいのですか?
○ 「ワンセグ」に対応した受信機(「ワンセグ」対応の携帯電話、車載テレビ、PDAなど)が必要になります。詳しくは携帯電話会社や電機メーカーにお問合せ下さい。

Q8.携帯電話が持つ通信機能を利用したサービスを予定していますか?その概要は?
○ 「ワンセグ」サービスを受信できる受信機としては、「ワンセグ」専用の受信機のほか、携帯電話型の受信機が発売されています。こうした受信機では、携帯電話の持つ通信機能を利用したサービスがご利用いただけます。
○ 通信経由でより詳細な番組情報等のデータサービスや、双方向番組等を楽しんでいただくことができます。
○ 通信経由で情報を取得する場合は、通信料が発生することから、移行する段階で視聴者に対し許諾画面を表示する予定です。

Q9.EPGとはどのようなものですか?
○ 「ワンセグ」では、現在放送中の番組、および次の番組以後の情報を送出しています。各局の情報を組み合わせてどのように表示するかについては、受信機の仕様によって異なります。
次へ進む
TOPページへ
(C)地上デジタル放送推進協会